紫外線と肌トラブルの関係性

「小顔になりたい」、「しわ、たるみ、むくみといった悩みを何とかしたい」と考えている女性の中には、リフトアップや肌トラブルを緩和するために、様々な方法を試している方もいらっしゃるはずです。
紫外線の影響を最小限に抑えることも肌のために大切になります。

紫外線の基礎知識

紫外線と肌トラブルの関係性1
紫外線の種類は、波長の長さの違いによって紫外線A波(UVA)、紫外線B波(UVB)、紫外線C波(UVC)に分けられ、UVAとUVBは地上まで到達し、UVCはオゾン層に吸収されます。紫外線と聞くと悪いイメージばかりを抱きがちですが、美容以外では大いに活躍しています。

例えば、洗濯を干す場面を思い浮かべてみてください。ほとんどの方が天気の良い日に洗濯物を干す想像をしたのではないでしょうか。紫外線には殺菌作用があり、細菌を退治する働きがあるのです。
その効果を取り入れるために、昔から洗濯物を太陽の下で干すようになったのです。

紫外線が及ぼす影響

紫外線の波長によって肌に及ぼす影響は異なります。UVAは肌に及ぼす作用が比較的弱く、地上に届きやすい紫外線で、雲や窓ガラスを通過する性質を持っているため、建物の中でも浴びてしまう可能性があります。
浴び続けると肌へのダメージが蓄積されてしまいます。
肌の奥の真皮まで侵入して肌のハリや弾力を失わせたり、メラニン色素を酸化させ肌を黒くしたりする作用があります。

年間を通じて照射されるため、日頃から対策をすることが大切になります。
また、たるみやしわの要因にもなります。UVBは、太陽から届く紫外線のうち少数部分の紫外線ですが、肌に及ぼす作用が大きいためUVAよりも短時間で肌に大きなダメージを及ぼします。

紫外線と肌トラブルの関係性2
夏場の照射量が多く、雲や窓ガラスで遮断することが可能で、しみ、炎症に影響を及ぼします。
紫外線の特性を知り、紫外線対策を行うことが肌トラブルの緩和に繋がります。
しかし中には、対策を行っていても肌トラブルに悩まされる方がいらっしゃいます。
そのような方は、当院の美顔鍼灸や小顔矯正の施術を体験してみてください。

しわやむくみ、たるみといった悩みを抱えている女性の方は、当院の美顔鍼灸・小顔矯正の施術をお試しください。当院は大阪市西区に所在している鍼灸整骨院で、お客様のキレイをサポート致します。
美顔鍼灸・小顔矯正のご予約をお待ちしておりますので、大阪市西区周辺にお住いの方はお気軽にお問い合わせください。