顔のむくみの原因

美を意識する女性にとって、むくみは思わず耳を塞ぎたくなってしまう言葉です。
原因を知ることで、毎日の生活習慣で気をつけるポイントが分かります。
美容鍼灸の分野でも注目しているむくみは、次のような原因で起こります。

顔のむくみとは?

女性特有のむくみは、特に脚で実感する方が多い印象があるでしょう。しかし、むくみは顔にも起こります。
毎日のメイクや洗顔でお顔を鏡に映す機会がありますが、そのときに「今日は何だか目が腫れぼったいな」などと感じたことはありませんか?他にも顔のむくみに対しては、体重が増えていないのに急に太ったように感じたり、フェイスラインがぼやけて見えたりします。むくみは、余分な水分が肌の内側に溜まっている状態です。
顔にも何らかの影響によって、通常よりも余分な水分が溜まってしまい、むくみを引き起こします。

アルコール

水分を意識的に摂ることは美や健康に良いとされていますが、アルコールは別だと考える必要があります。
アルコールの摂取によって影響を受ける肝臓と腎臓の働きは、リンパの流れや老廃物の排出と大きな関係があります。過剰なアルコール摂取の翌朝は、体内の水分コントロールが上手にできず、むくみを引き起こす確率が高くなるのです。

塩分と糖分

塩分を摂り過ぎると、体内の塩分濃度を適正に保つために体が水分を欲します。
その結果、水分を保持しようとする働きが強くなり、肌の内側に水分を溜め込んでしまうのです。
また、糖分は体内の水分を吸収して、蓄えてしまう性質があります。塩分や糖分の多い食生活は、どちらもむくみと大きな関係があるのです。

姿勢

体内の水分や血液の流れがスムーズでないことも、むくみの大きな原因となります。
長時間同じ姿勢でいることで、水分や血液の流れが同じ場所に滞ってしまうのです。
脚のむくみは座った姿勢を長時間続けることで起こりますが、顔のむくみは特に寝ているときなどに多くなります。朝起きてから顔のむくみを強く感じるのは、このためです。

大阪市西区の当院では、しわやしみ、ほうれい線や顔のたるみ、リフトアップにおすすめの美容鍼灸コースをご用意しています。
アルコール・塩分・糖分・姿勢などの影響で顔のむくみが気になる方は、当院の美容鍼灸コースを体験してみませんか?大阪市内や大阪市近隣から地下鉄でのアクセスは、西大橋駅より徒歩6分、西長堀駅より徒歩7分となっております。