つらい生理痛の原因とは?


しわ・しみ・むくみ…など、女性の悩みはたくさんありますが、女性特有の悩みといえば生理痛です。一言に生理痛といっても、人それぞれ症状も違えば、痛みの程度も全く異なります。
多くの女性が悩んでいる生理痛。なぜ生理痛は起こるのでしょう。

生理痛とは?

子宮には、卵を育てる膜「子宮内膜」というベッドが作られます。そのベッドの上で卵は精子の到着を待つのですが、卵が生きられるのは1~2日のみです。それを過ぎると卵は死んでしまうため、ベッド(子宮内膜)は不要となってしまいます。その不要となった子宮内膜ははがれ落ち、血液とともに子宮口から排出されるのですが(これが生理です)、この過程で起こる痛みが生理痛です。

プロスタグランジンの過剰分泌

生理痛の原因一つ目、プロスタグランジン。
プロスタグランジンは、子宮収縮を促進させ、子宮内膜を体外へ排出する働きをします。人によっては分泌量が多いことから子宮の収縮が過剰になり、陣痛のような痛みを感じたり、肩こりや頭痛、腰痛、吐き気などを引き起こしたりもします。この物質は出産時に大量分泌され、陣痛を促す働きをする物質でもあります。

子宮口が狭い

二つ目の原因は、子宮口の大きさです。
子宮口が原因の生理痛は、子宮が十分に発達していない若い女性に見られます。子宮と膣とをつなぐ子宮頚管が細く、子宮口も硬くて狭いため、子宮内膜の排出がスムーズに出来ず、プロスタグランジンが過剰に分泌されることで痛みが生じてしまいます。この痛みは、子宮が成熟すると自然と弱くなります。

身体の冷え

三つ目は、身体の冷えからくる生理痛です。
身体が冷えると血液循環が悪く、子宮の機能を低下させてしまいます。そうなると、酸素と栄養素が不足し、過剰に分泌されたプロスタグランジンが体内に残ってしまうため、子宮内膜がスムーズに排出されずに痛みを起こしてしまいます。プロスタグランジンは、分泌量が増えれば増えるほど生理痛がひどくなります。生理痛を和らげるためにも、身体を冷やさないようにすることが大切です。

ストレスや緊張

ストレスや緊張も生理痛の原因の一つです。
ストレスを溜めてしまうと、自律神経のバランスが乱れやすくなります。ストレスがかかると身体は緊張状態となるため、血行不良を起こし、ホルモンバランスが崩れてしまいます。ホルモンバランスが崩れると生理痛がひどくなるだけでなく、出血量が減ったり、生理不順を引き起こしたりと、より注意が必要です。ストレスが原因で生理痛や生理不順を悪化させてしまう女性は増加傾向にあります。そうならないよう、日頃からストレスを上手く解消しましょう。

大阪市西区南堀江にある当院は、女性の健康と美をサポートするための鍼灸整骨院です。
生理痛・生理不順・冷え・更年期障害など、女性特有のお悩みに対し、様々なアプローチを致します。
また、当院の美容鍼灸・小顔矯正は、ラジオ波を組み合わせた独自の施術方法でリフトアップにおすすめです。いつまでも美しく、毎日を健康に過ごして頂くためのサポートを致しますので、お気軽にご利用ください。当院は地下鉄「西大橋駅」より徒歩6分、地下鉄「西長堀駅」より徒歩7分と大変便利な場所にあります。